So-net無料ブログ作成
検索選択

魅力的なツアー [Eiju Furudate]

スローフード岩手から魅力的なツアーの案内が届きましたので、お知らせいたします!

usi3-470x352.jpg

安家(あっか)(もり)林間放牧短角牛とヒメボタル鑑賞会

岩泉町安家地区(旧安家村)は深い森に囲まれた石灰岩地帯で, 日本最長の洞窟・安家洞や氷渡洞など数々の洞窟があり、“味の箱舟”短角牛と安家地大根の故郷です。“アッカ”という地名はアイヌ語の「清らかな水の流れるところ」という言葉に由来し、人々は清流・安家川に沿ってゆったりと暮らしています。

 久慈市・葛巻町と接する岩泉町安家森(1,239)の麓の草原では明治時代から短角牛の林間放牧が行なわれ、「カヌカ平」と呼ばれる天然のノシバの景観が保たれていました。しかし牛肉輸入自由化の影響で飼養頭数が減少し、平成4年以降林間放牧は中止されました。ブナやダケカンバの侵食により「カヌカ平」の景観は失われつつありましたが、平成12年、人と自然の共生による素晴らしい景観を取り戻そうと、安家地区の有志が中心となって全国からサポーター(現在約120)を募り、林間放牧を復活させています。

7月上旬~中旬の一時期には、安家洞入り口付近の森に無数のヒメボタルが舞い、幻想的な世界を演出しています。また、空気の澄んだ安家では、満天の星空が皆様をお迎えしますので、この機会にぜひ短角牛に会いに来てください。

 

日  時:平成24年7月7日()~8日()

      7日17:30 岩泉町安家 かむら旅館(懇親会)

        20:00 ヒメボタル観察会(雨天時ビデオ観賞会)

      8日 9:00 安家森短角牛見学会、安家森登山(希望者)

        11:30 安家森駐車場 解散

会   費:懇親会参加・かむら旅館宿泊 8,000円

     懇親会参加・宿泊なし 3,000円

     安家森短角牛見学会のみ参加 無料

定  員:約20名(安家森へは乗用車乗り合わせで向かいます。)

持 ち 物:雨具(小雨決行)長靴もしくはトレッキングシューズ水筒タオル

注意事項:今後の天候により、ヒメボタル発生時期がずれる場合があります。また、荒天の場合スケジュールの変更や中止になる場合がありますが、ご了承ください。

申込み締め切り:7月3日(火) 宿泊人数には限りがあります。

 

  主   催:スローフード岩手、安家森の会

申し込み先:スローフード岩手事務局 ㈱岩泉産業開発内 担当 茂木

    電話番号;0194-22-4432 ファックス;0194-22-3135


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 2

茂子

昨夜『夢見るピノキオ』を夫と拝見しました。
今度盛岡へ行く時には是非寄りたいと思います。
ただ5歳の暴れん坊を連れて行っても大丈夫でしょうか?
by 茂子 (2012-06-11 21:54) 

ariv

あの暴れん坊ですね!(笑)

大丈夫ですよ!ぜひぜひお出で下さい!
by ariv (2012-07-19 17:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。